治療は日々進化しています

人工歯根

痛みを抑えた治療方法

虫歯の悪化、歯周病、外傷など歯を失う原因は人それぞれ違いがありますが、一本でも抜けてしまうと見た目も悪くなりますし、食事や会話にも影響が出てきます。さらに長く放置していると向かい側の歯が伸びてくる、歯並びが乱れるなどの不調も出てきますので、早めに治療は行いたいところです。歯を失った場合の治療も様々な方法がありますが、特にインプラントは噛む力も強く、周囲の歯に負担をかけずに新しい人工歯を作ることができますし、審美性にも優れています。とはいえ、インプラントは手術も必要ですので、痛みが強いのではと躊躇している人もいらっしゃるのではないでしょうか。まず、インプラント治療の際は麻酔が行われますので、治療中は痛くない、感じないということが一般的です。そして、治療中にもしも麻酔が切れてしまった場合も追加することもできますので、痛くない手術が行えます。どうしても痛みに弱い、恐怖心があるという人も静脈鎮静法を利用すれば寝ている状態に近い環境で治療を進めていくことができますので、さらに痛くない治療が行えます。そして麻酔が切れてからの痛みも気になるところですが、痛み止めも処方されますし、しっかり冷やしておくことでかなり抑えることもできます。そして、インプラント治療はどの歯科医院でも同じ方法で行っているというわけではなく、最近はより体に負担の少ない、より痛くない治療も登場しています。クリニックごとに採用している治療方法は違いがありますので、まずはじっくりと情報を集め、痛みの少ない治療方法を選んでいきましょう。