申告することが大事

ウーマン

医療費控除の対象

インプラント治療はあごの骨に穴を開けて人工の歯根を埋め込んで、そこに人工の歯を取り付けることでしっかりとした噛み合わせを回復するものです。そのため治療費については高くなります。人工の歯根を埋め込むことなどはもちろん、埋め込む人工の歯根や取り付ける人工の歯の材料費、さらには治療前に行われる検査費などがあります。そして実際に開始されたとしても治療が進む中でさまざまなトラブルが発生すればその費用も必要となります。こういったインプラントに関する費用は自由診療となっています。すなわち、治療にかかった医療費は全額自己負担となっています。しかしながらインプラント治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。容姿を美化するためのインプラント治療は対象外ですが、歯が欠損した場合にインプラントで治療する場合は対象となります。なので治療を検討するときには医療費控除の適用となることを念頭に置いて考えるといいと言えます。実際に人工の歯根を埋め込んだり人工の歯を取り付けるためにかかった費用はもちろん、処方された医薬品の費用や通院のための交通費についても含まれます。治療費をクレジット化カードの分割払いなどで決済している場合でも控除の対象となります。いずれにしても支払ったことを証明するものが必要となります。金額を証明する領収書やクレジットの明細書については大事に保管しておくことが大事です。そして確定申告のときに添付する必要があります。